lgf01a201311081400

いつもお世話になります。株式会社 萩商の萩原 大士です。

私の息子はサッカーをしておるのですが、その息子が所属しているサッカーチームでは
保護者と子供が一緒にサッカーを楽しむ年に1度の【親子サッカー】というイベントがあります。
少年サッカーでは割とポピュラーなイベントです。今日は、その親子サッカーに参加してきた話でも。

小学3年生になる息子には、2年生の終わり頃までは大人のフィジカルを利用して1対1の勝負では
勝てていましたが、最近では簡単に抜かれてあしらわれてしまいます・・・。
親父の威厳を保つために、人知れず気合を入れて親子サッカーに参加しました。

まずはグラウンドを走ってウォーミングアップ。この時点で息は上がりウォーミングアップが試練と
化したのは、言うまでもありません。

その後、リフティング大会。保護者部門と子供部門に分かれての開催です。
サッカー未経験の私は子供に、10回目標で出来なければ100円あげる。という十字架を背負って
戦いに挑みました。実は、影で練習して15回位は出来ていたので、自信はありました。
結果は、まさかの7回・・・。本番で失敗。息子に100円。無様な姿を見せてしまいました。

気を取り直して、子供VS保護者のガチンコ試合の開始です!ここで良い所を見せなくては!
試合が始まり、ちょうどうちの息子がすぐにボールをキープしました。チャンス!!
大人気なく、激しくプレッシャーに行った私に息子は、トン・トーンと2回のボールタッチで
軽やかに私を抜いて行きました。しかも笑顔で・・・。その後、何度か息子と1対1の対戦を
しましたが、取れたのはたった1回。しかも大人のフィジカルでドーンと吹き飛ばして。

子供達からはファウル!ファウル!の大合唱。私は「甘えんな!」と一喝。

あの時の私は、きっと周りから観たら大人気なかったろうなぁ。

他の保護者からのお膳立てのパスで後は足に当てるだけというシュートチャンスでも
ボールでなく地面を蹴ってしまい悶絶。足首が飛んで行ったと思いました。
威厳も何もあったもんじゃありません。

その日の午後は、ほとんど動くことも出来ず、夕方から疲れて寝てしまう始末。
そして、日頃の運動不足もたたり、筋肉痛で歩き方の様子もおかしいです。

やはり、定期的に運動をする事をみなさまには、強くおすすめいたします。
年を重ねる事にしっかり、かっこ悪い親父になってきております・・・。来年は頑張ろ。