エイプリルフールについて、すこーし調べてみました。

エイプリルフール

お世話になります。株式会社 萩商の萩原大士です。

今日は4月1日エイプリルフール。嘘をついても良いと言われている日ですね。
子供の頃は、嘘をついてよく遊んでいた覚えがありますが、意外と大人になると意識もせず過ぎてしまう
ただの1日になっている気がします。

気になったので今日は少し、エイプリルフールについて調べてみました。まずは、由来から。

 ・その昔、ヨーロッパでは3月25日を新年とし4月1日までを春祭りを開催していたが
  シャルル9世なる人が、新年は1月1日を新年とする暦を採用しました。
  これに反発した人々が4月1日を「嘘の新年」とし、4月1日頃に嘘の春祭りの招待状を送ったり
  イタズラのプレゼントを送った事がエイプリルフールの由来とされている説。

ただし、この由来は諸説ある内の1つらしく結局、起源など詳しい所はハッキリしていないとの事。
他にも、いくつか由来が調べるとあるので、気になる方はぜひ調べてみてください。

次にルール。

 ・午前中についた嘘は、午後にはタネあかしする
 ・午後になったら嘘をついてはいけない
 ・相手が傷つく嘘はつかない
 ・嘘をつかれたら、やり返してはいけない

などがあるみたいです。エイプリルフールにはルールがある事すら、私は知りませんでした。

こんな話も。まだ、カラーテレビが無くテレビが白黒の時代。1962年のスウェーデンでは、エイプリルフール当日の放送でアナウンサーが「テレビにストッキングをかぶせればカラーテレビになります」と嘘をついたら、ストッキングが品薄になるくらい売れたらしいです。

近年は、企業のホームページや有名人のブログ等でも沢山の嘘を仕掛けています。
この記事を書いているのが午後なので今日は嘘をつけませんが、来年は意識してエイプリルフールを楽しみたいですね。その時は、キチンとルールを守って嘘をつき、楽しい1日にしたいです。

株式会社 萩商
萩原 大士

 

 

 


ウェブサイト更新とブログ再開のお知らせ

ロゴ

日頃より、株式会社 萩商のウェブサイトをご覧いただき誠にありがとうございます。
このたび当社では、より最新の株式会社 萩商をお届けする為、ウェブサイトを更新いたしました。

ご覧の皆様が少しでも笑顔になれるようなウェブサイトを目指し、ゆっくり1歩ずつ充実したものに
していければと思っております。

また、更新に伴い休止しておりましたスタッフブログも再開させていただき、当社の日常や
ちょっとした情報。はたまた、ちょっとした成功談・失敗談などなど折にふれ発信していきます。
ぜひお楽しみください。

今後とも、お客様志向ナンバー1を目指し続ける【株式会社 萩商】をどうぞよろしくお願いします。

株式会社 萩商